いなたや

生活を快適に
美しくデザインする
ロールペーパーハンガー

鋳物の美しさと革の柔軟性の、素材の良さを生かした新しい鋳物の形。
吊るすことによって置き場所に困らない形状は、場所を選ばず、狭い空間を活用し、快適な暮らしを実現します。
砂型鋳物のテクスチャーが、味わいを深くし、親しみや愛着が湧くプロダクトです。

特徴

スルスルと
滑らかな使用感

鋳物の硬さがしっかりと革を支え、スルスルと滑らかにペーパーを引き出せます。また、金具には安全なクリア塗装をしておりますので安心してご使用いただけます。

生活を彩る留め金

留め金の部分には桜、輪つなぎ、市松模様のモチーフの鋳物が使用されています(1つの商品に1つのモチーフ)。シンプルなデザインの中で輝く鋳物の美しさを、さりげなく演出しています。

鋳肌の味わい

鋳肌とは、砂型で成型する際に作られるテクスチャーのことです。このテクスチャーは、職人の手仕事で一つ一つ丁寧に作られている証拠。味わい深い鋳肌と革の組みわせが、生活を彩ります。

ひとや環境に
やさしい革素材

革は、墨田区にある革なめし加工会社独自のなめし技術「ラセッテー製法」を使用したラセッテーレザー。ミモザの枝や幹を粉砕した植物タンニンなめしによる、赤ちゃんが触れても安全な、軽やかで優しい肌触りと温かみのある革がキッチンを彩ります。

バリエーション

平安時代より日本人に愛されてきた桜。一説には五穀豊穣の神が宿っている木であり、豊かさという意味があります。

市松模様

市松模様を凹凸で表しました。その柄が途切れることなく続いていくことから、「繁栄」の意味が込められています。

輪つなぎ

七夕飾りの輪つなぎをイメージしたデザイン。心に抱いた夢がいつまでも消えずに継りますようにという願いが込められています。

使用方法

  • 製品内容は、革ベルト1本・L字金具2個

  • 1 革ベルトを、L字金具の長い方から画像の様に通します

  • 2. もう一つのL字金具は、短い方から画像の様に革ベルトを通します

  • 3. 通したものがこちらです

  • 4. ロールペーパーに革ベルトを通して画像のようにL字金具を左右に出します

  • 5. L字金具を芯に引掛けます。この際、中に入っている革が緩まないように調節します

  • 6. 吊るしたいところにハンガーをかけ留め具を画像のように留めます

  • 7. 完成(留め具の位置変更や微調整はL字金具を持ちながら革を動かすとスムーズに動きます)

L時金具が自由に動きますので、様々な大きさのロールペーパーにも対応します。

商品詳細

材質:真鍮(クリア塗装)/豚革
原産国:日本
重量:約75g
推奨サイズ:ロールペーパー芯の直径3.5cm以上、ペーパーの片側厚さ5cm以内、横幅30cm以内
デザイナー:山内サチコ ※商品の色等が、実物と画像で異なる場合がございます。
※天然素材の為、革の若干のキズ・色ムラ・シワ等は返品対象外となりますのでご理解ください。
※金具の性質上、製品の形状、色味等、多少のバラツキがあります。
※商品の仕様等は予告なく変更する場合がございます。

注意事項

  • 水で丸洗いすることは、絶対におやめください。
  • 高温の場所や火のそばに吊るさないでください。
  • 用途以外での使用はおやめください。
  • 長時間直射日光に当てると、色落ちや製品劣化の原因になります。
  • ロールペーパー以外の物は吊るさないでください。

お手入れ・保管について

  • 水に濡れてしまった時は、乾いたタオルで叩くようにして水気を除き、風通しの良い場所で陰干しします。
  • 小さなお子様の手の届かない所に保管してください。

作り手

「面白い鋳物の形を提案し続けます」

山内さんのデザインにより、弊社のバックルの製造技術が生かされ、面白い商品を作ることが出来ました。鋳物の良さである自由に金属を成型できる技術を留め金に、革との質感が合うように鋳物の加工はなるべくせずに鋳肌の質感を生かしました。鋳物の良さが存分に発揮された商品を、多くの方に楽しんで頂ける様、これからも挑戦し続けます。

企画:別府英彦

「鋳物と革の素材感に、こだわり抜いたプロダクト」

鋳向屋の母体である別府鋳工さんは、他の鋳造会社と違い、鋳物と異素材の組み合わせを得意としています。異素材と組み合わせることによって、より鋳物が輝き、引き立ちます。そして、鋳物の硬さや美しさと革の柔軟性を生かし、置き場所に困らない、快適な暮らしを実現する「ロールペーパーハンガー」が誕生しました。

デザイナー:山内サチコ

法人の方、
製品に関する問い合わせは
下記のフォームよりお願い致します。

お問い合わせ